Cello Ensemble XTC チェロアンサンブルエクスタシー

東京藝術大学で共に学んだ、井伊準、小野木遼、夏秋裕一、山澤慧、西方正輝の5人によるチェロアンサンブル。
メンバーが編曲し、これまでのチェロアンサンブルの常識にとらわれないレパートリーを開拓している。
日本では数少ない常設のチェロアンサンブル団体で、年2~3回の定期公演を中心に活動している。
中川統雄氏への委嘱作品「NEXTC」の世界初演、権代敦彦氏のチェロ四重奏曲「水の抱擁-カルロ・スカルパへのオマージュ-」の日本初演など、現代音楽の演奏にも積極的である。